トップ

ムシカWeb通信


■ 2017/04/07 《ブロッケス受難曲》

 《ブロッケス受難曲》の本番が終ってすでに5日が過ぎました。いやはや、こんなに我が身の危険を感じつつ歌い終えた本番も珍しい。5時半開演、終演9時ちょっと前。全体で106ナンバーあるうち、私の歌った「シオンの娘」のレシタティーヴォとアリアは24曲、およそ5分の1です。時間にして正味40分ほどでしょうか。12月に指揮者のオーディションを受け歌うことが決まってからほぼ100日間、ただたださらいました。最初のうちは1日3時間半さらっても4曲ぐらいしか進まず、1曲、1曲とだんだん形にはなるものの、全部歌い通せるのかが不安でした。また「シオンの娘」は普通の意味での一人格ではないので、作者が「シオンの娘」という役柄を通して何を伝えたいのかがはっきりせず、五里霧中の日々でした。「シオンの娘」の発言は生々しく直情的で、そのヒステリックな物言いから、なにか抑えているものがあるなと思いました。そしてそれがイエスに対する愛だと分かったのです。信仰的な愛は「信徒の魂」という役が語りますが、それとは別に「シオンの娘」はもっと生々しくイエスにすり寄って行く女性なのだということがはっきりしてきたのです。ここまで分かるのに2ヶ月ぐらいかかったように思います。

 彼女を客観的に演ずるというのはその台詞が許しませんでした。この世あの世の化け物がすべて彼女に憑衣しているのではないか、と思うより先に私がシオンの娘に乗っ取られたように感じました。こんな恥ずかしい有り様だったのですが、それでも1曲だけ、荒れ狂うシオンの娘を説得して正気に戻し、型を崩さず厳粛に歌った曲がありました。ユダが後悔と煩悶の長いレシタティーヴォの最後に「首を吊ろう」といった後に歌うユダへの挽歌です。ひれ伏したくなるような名曲でした。

 翌日、私の机の上には太郎が持ってきたらしいシュッツとバッハの譜面が置かれていました。次の本番はイースター4/16(日)です。歌ってみるとこれが本当に不思議なことに身も心も軽々とホイホイと歌えてしまうのです。こんなに疲れているのにと思いましたが、理由は簡単、「復活」の歌だからです。オンガクってやっぱり大したものですね。


■ 2017/03/28 オルガン会議2017 FBより

 3月25日(土)ICU礼拝堂で午後5時から始まったオルガン会議2017のコンサート、J.S.バッハ《ライプツィヒ・コラール》は素晴らしい時でした。事前のコラール唱の講習では、A,E,I,O,Uの母音がそれぞれどのようなエネルギーを持ち、どのような方向に進もうとしているか、ということに重点を置き、一つひとつの単語を丁寧に歌うことに集中しました。こうして言葉が踊り出すと音楽に立体感が生まれ、不思議な奥行きを感じさせるユニゾンとなります。プロ、アマを問わず普段からオルガンに親しんでおられる方々は30分の練習で要点を理解され、素朴乍ら真の生命力を感じさせる声となりました。オルガンの音に溶け込んだ百数十名のユニゾン、それに続くオルガン・コラールは単にバッハとか、ドイツの伝統だとかではなく、人類そのものの宝だと思いました。魅力的なコラール前奏曲を弾いて下さった富田一樹さんに感謝! そしてオルガン・コラールのソロをなさった今井奈緒子さんは一つひとつの曲に対するアプローチが適確で狂いなく、堂々とした演奏で、大バッハから直々に学んだオルガニストのようでした。最初の音が鳴る寸前、今井さんの手はヒラッと鍵盤の上で舞い、最後の音が終った時には足が足鍵盤の上でフッと宙に浮くのです。この音のない瞬間の美しかったこと! 私は礼拝堂の下手の長老席のようなところに座っておりましたので、今井さんの一挙手一投足をもれなく観ることが出来たのです。これは実に有り難くも得難い体験でした。会議の実行委員長、岩崎真美子さんを始め、お世話下さいました皆様に心から御礼申し上げ、日本オルガン研究会がさらに善き歩みを続けられますよう、お祈り申し上げます。


■ 2017/03/24 ブロッケス受難曲

 1月中旬に骨折し、しばらく鬱々としておりまして、すっかりご無沙汰してしまいました。お許しください。

 さて来る4/1にはヘンデルの《ブロッケス受難曲》を公演の運びとなりました。当サイトのTopPageでもご紹介して居りますが、ジャパン・タイムスのサイトでも告知が掲載されておりますので、どうぞご覧下さい。皆様のご来会をお待ち申し上げております。

 http://www.japantimes.co.jp/events/2017/03/24/music-guide/classical-music-guide/handels-brockes-passion/#.WNSxp4VOLIV


■ 2017/01/13 無事帰国致しました。  FBより

 アドヴェントに戴いた深紅、珊瑚、淡黄の見事なポインセチアが冴え冴え生き生きと私を迎えてくれました。留守中のお水遣り、ありがとう!

ミネアポリスでは居間から、そして2階の私の寝室の窓から毎日枝垂れ柳と池、そして太陽を眺めていました。晴れの日は太陽が左から上り、真上、右へ。朝日、昼光、夕陽と1日のお日様の表情を満喫! 真昼の太陽に照らされてのお昼寝は譬えようの無い贅沢の一語! そして夕暮れ時には生まれて初めて感じるような寂寥感の中で「ああ、私もいつかはこの世から消えるのだな」と実感し暫し物思いに・・・静かな時なき時・・・

 マンヨン先生はよく「墓場に向かって歌うな!」と仰ったとか、空港への車中で桃子から聞きました。なんとも凄い言葉ですね。

 練馬の我が家の小さな庭には、山茶花、椰子、ハナミズキ、つつじ、山椒、そして樅の木が仲良く暮らし、ここにも朝日が! やはりもうひと頑張りするか。


■ 2017/01/12 ミネアポリス1/9  FBより

 ミネアポリス滞在:今回のハイライトはなんといってもMrs.Elizabeth Mannionのレッスンでした。2年ぶりでした。マンヨン先生はその存在自体が音楽的で、ちょっと手をウエーヴされても嬉しそうに音が走り出すのです。指揮者とはひと味違う動きで日常とは全く異なった時に包まれます。80代後半でいらっしゃるので、大袈裟かも知れませんが今生の別れになるのではとの思いにつきまとわれ、私自身は堅く縮こまっていたようです。先生は「バレリーナのように立って息は鼻から深く、笑ってFull Voiceで」と。基本中の基本です。もう最後か、と寂しげに歌っていた私に、「今、レッスンのスタジオを建て増ししているのよ。Come again!」と仰るではありませんか。いろいろな意味で総まとめを考えていた私はまだまだ先があることにハッと目覚め、それから3日間ヘンデルを Full Voice で歌い続けました。なんだかヘンデルの肖像画に似て来たような気分です。マンヨン先生、ありがとうございました! 伴奏をして下さった作曲家、チェンバリストの平林朝子さんに深い感謝を! 桃子のアドヴァイスも極めて有効でした。皆さま、暖かいお支え、お励まし本当に有り難うございました。淡野弓子


更新